南多摩病院トップ > 入院のご案内 > DPCについて

入院のご案内

DPCについて

DPC制度についてのご案内

平成26年4月1日以降に入院された患者様については、当院における入院費の計算方法が変更となります。

DPC制度とは、入院費の包括支払い方式のことです

・ 今までは、診療で行った検査や注射、投薬などにより医療費を計算する『出来高払い方式』でした。

DPC※による包括請求とは、これまでとは異なり、入院患者様のご病気ごとに、国で定められた1日ごとの入院費用の合計と、

出来高算定する部分の合計を足して計算する新しい計算方式です。

・ 厚生労働省が推進し、平成15年4月から大学病院・国立病院など、全国82病院で施行されてから、平成26年には全国で

合計約1600病院が対象施設となり、施行されています。

 

※DPC =DiagnosisProcedureCombination:診断群分類別包括評価(疾病と処置などによる診断群分類 )

南多摩病院はDPC対象病院となります

・ 当院は平成19年より、DPC準備病院として診療情報を厚生労働省に提出して、制度の検証などに協力してまいりました。
このたび一定の基準を満たし、平成26年4月よりDPCの導入が厚生労働省より認められました。

入院費の計算方法は、下図のようになります

出来高払い制度
(従来の計算)

診療で行った検査や注射、投薬などの量に応じて
すべてを合計した医療費が計算されます。

包括払い(DPC)制度
新しい入院医療費の計算

1日あたりとして包括金額が設定されています。
この金額の中には注射・投薬などの診療内容の費用を含みます。
なお、手術などの医師の専門的な技術料については、
これまでどおりの出来高払い方式で医療費が計算されます。





・ 手術やリハビリテーション、内視鏡検査、心臓カテーテル検査など医師の専門的な技術料については、これまでどおり、出来高払い方式で医療費が計算されます。入院費は、包括分と出来高分を合わせたものになります。





※1:1日あたりの包括診療費・・・

1日あたりの点数は、診断群分類ごとに3段階に分かれており、入院日数が長くなるほど1日あたりの点数は低くなります。また、入院が長期にわたり、診断群分類ごとに定められた入院日数を超えてしまうと、出来高計算になります。

※2:医療機関別係数・・・・・・・・・

病院の機能に応じて病院ごとに決められる一定の係数です。この医療機関係数により、同一の診断、治療でも病院によって医療費の総額が異なります。