南多摩病院トップ > 人工透析センター

人工透析センター

人工透析センター

人工透析センター
人工透析センター

 当院の人工透析センターは、昭和48年(1973年)八王子地区では初めて透析治療を開始いたしました。患者数の増加に伴いベッドの数も増え、現在は37床で昼夜の透析を行っております。
 保存期よりシャント作成、透析導入、維持管理を一環して行っております。私たちの人工透析センターでは一人一人の患者さんに合ったきめ細かい透析を心がけ、看護師と臨床工学技士がペアを組み、受け持ち患者さんとのコミュニケーションを大切に日々の診療に従事しております。
 入院体制が完備しておりますので合併症発症の際や教育入院の時にご利用頂けます。
 人工透析センターのスタッフは多くの経験と実績を持ち日々のミーティングや勉強会、更に学会発表や地域の勉強会にも積極的に参加し研鑽を積んでおります。
 夜間透析も充実していて多くの透析患者さんが社会復帰をされています。
 当院では人工透析センター内の見学が可能です。保存期の腎不全の患者さんに透析治療の実際を見て頂くことは今後の参考になると思われます。

医師紹介

佐藤雄一
佐藤 雄一

役  職: センター長

得意分野: 腎泌尿器外科

出身大学: 北海道大学

資  格: 医学博士(東京女子医大学 平成9年卒)、
 日本透析医学会専門医&指導医、日本外科学会専門医&指導医

主な経歴: 昭和60年 東京女子医科大学 腎臓病総合医療センター外科 研修医
 平成2年 東京女子医科大学 腎臓病総合医療センター外科 助手
 平成8年 英国ハマースミスおよびキングスカレッジ病院 留学
 平成16年 聖マリアンナ医科大学 腎臓病センター助手
 平成27年 聖マリアンナ医科大学 准教授

概要

・ ベッド数 37床

・ その他 腹水濾過濃縮再静注・白血球除去・血漿交換・エンドトキシン吸着

・ 同時透析数37台・最大透析数148台

・ 血液検査(2回/月)・定時処方(2週間毎に)

・ 胸部X-P(1回/月)・心電図(臨時)

透析クール

透析クール

開始時間

昼間透析

9:00 ~

二部透析

15:00 ~

     

夜間透析

17:00 ~

     

透析機器等

透析機器
 RO装置     東レ社製TW―HI(1台)
 透析液供給装置  東レ社製TC―HI(1台)
 A粉末溶解装置  東レ社製TP―AHI (1台)
 B粉末溶解装置  東レ社製TP―BHI(1台)
 患者監視装置   日機装社製DCS―27 (30台)

          日機装社製DCS―100NX(5台)

 個人用透析装置   日機装社製DBB―27(2台)
 透析通信コンピュータシステム  日機装社製FNW     

透析スタッフ

看護師14名 臨床工学技士10名   

お申し込み・お問い合わせ

 お電話または直接窓口でご予約下さい。

 

042-663-0111 (代) 042-665-2282 透析センターFAX