南多摩病院トップ > 診療のご案内 > 総合内科

診療のご案内

総合内科

医師紹介

田中譲
田中 譲

役  職: 副院長 兼 内科部長

得意分野: 消化器内視鏡検査・治療

出身大学: 日本大学

資  格: 医学博士、日本外科学会専門医、日本消化器外科学会認定医、
 日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器外科学会がん治療専門医、
 (日本感染症学会)感染制御医師(ICD)、(日本医師会)産業医、
 (日本医師会)スポーツドクター

主な経歴: 昭和60年 東京女子医科大学消化器外科学教室
 平成13年 東京女子医科大学講師(消化器外科学)
 平成13年 城東社会保険病院 外科部長

自己PR: 患者さんの立場に立った診療を心がけていきたいと思っています。

吉岡政洋
吉岡 政洋

役  職: 名誉院長

得意分野: 消化器内科

出身大学: 広島大学医学部

資  格: 医学博士、日本消化器病学会専門医

主な経歴: 昭和52年4月 慶應義塾大学医学部 研修医
 昭和54年6月 国立大蔵病院内科
 昭和56年6月 慶応義塾大学医学部助手
 昭和58年6月 カリフォルニア大学サンフランシスコ校
        research fellow
 昭和61年9月 東京都国民健康保険団体連合会南多摩病院
        消化器内科医長
 平成 5年2月 東京都国民健康保険団体連合会南多摩病院 副院長
 平成 6年 慶応義塾大学医学部客員准教授
 平成11年 日本医師会認定産業医

石塚英夫
石塚 英夫

得意分野: 消化器病 肝臓病 慢性肝炎の治療

出身大学: 日本大学医学部

資  格: 日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医

主な経歴: 昭和44年 日本大学医学部 卒業
 平成9年 日本大学助教授
 平成10年 東京都保健医療公社東部地域病院 副院長
 平成15年 東京都保健医療公社多摩南部地域病院 院長

加塩 信行

役  職: 永生病院 副院長

得意分野: 一般内科 神経内科

出身大学: 鹿児島大学医学部

資  格: 医学博士、日本神経学会神経内科専門医、日本内科学会内科認定医、
 日本脳卒中学会脳卒中専門医

主な経歴: 昭和60年 鹿児島大学医学部附属病院 第三内科
 平成5年 鹿児島県立大島病院 神経内科部長
 平成8年 宮崎県立日南病院 神経内科医長

大石 寛

得意分野: 内科 神経内科

出身大学: 慶應義塾大学医学部

野村 幸範

得意分野: 一般内科・腎代謝内科

出身大学: 弘前大学医学部

資  格: 日本透析医学会指導医、日本医師会認定産業医、日本医師会認知症対応医

主な経歴: 平成 2年3月 前田記念腎研究所 茂原クリニック 院長
 平成 8年9月 北里大学 内科非常勤講師
 平成15年4月 東海大学医学部 腎代謝内科専任講師
        東海大学付属八王子病院血液浄化センター センター長
 平成19年4月 森下記念病院 副院長 血液浄化センター長

松本清彦
松本 清彦

得意分野: 一般内科

出身大学: 東北大学医学部

主な経歴: 平成7年4月 松本クリニック(世田谷) 院長
 平成14年5月 月新都心サザンテラスクリニック 院長
 平成16年4月 新都心新宿クリニック 副院長
 平成16年6月 松本クリニック開設 院長

井出 勝久

得意分野: 一般内科 脳神経疾患

出身大学: 東京大学医学部

資  格: 医学博士

國松 淳和

得意分野: 一般内科

資  格: 日本リウマチ学会リウマチ専門医、日本内科学会総合内科専門医

主な経歴: 平成15年4月 日本医科大学付属病院第二内科
 平成17年5月 国立国際医療センター 膠原病科
 平成20年4月 国立国際医療センター国府台病院 内科/リウマチ科

高橋 麻里絵

得意分野: 一般内科

資  格: 日本救急医学会救急科専門医

神津 悠

得意分野: 呼吸器内科

出身大学: 日本大学医学部

資  格: 日本呼吸器学会専門医

尾久守侑
尾久 守侑

得意分野: 一般内科 精神科領域

出身大学: 横浜市立大学医学部

主な経歴: 平成26年4月 国立国際医療研究センター病院 総合診療科研修医
 平成28年4月 慶応義塾大学医学部 精神・神経科学教室

診療対象

内科では、消化器疾患、循環器疾患、呼吸器疾患、生活習慣病を中心に幅広く内科診療を行っています。各部位のX線検査、CT検査、MRI検査などの画像検査に加え、上部内視鏡検査、下部内視鏡検査、気管支鏡検査などの内視鏡検査、腹部、心臓、血管などの超音波検査を行うことができます。 治療においては、一般内科治療から各専門領域の特殊治療まで行っています。

診療方針

患者様の要望に合わせた検査・治療計画にも充分配慮しています。 また、長期療養が必要な患者さんについては、入院治療から在宅治療や療養型病院への移行に力を入れています。高齢者が多い現状をふまえ、入院中から早期にリハビリを導入することによって、高齢者の早期社会復帰を目指してます。