南多摩病院トップ > 診療のご案内 > 放射線科

診療のご案内

放射線科

医師紹介

岡田良行
岡田 良行

役  職: 医長

得意分野: 放射線診断学 画像診断全般

出身大学: 慶應義塾大学

資  格: 日本医学放射線学会診断専門医

主な経歴: 昭和62年 慶應義塾大学病院放射線診断部
 平成8年 国立大蔵病院 放射線科医長
 平成13年 国立成育医療センター 放射線治療科医長
 平成22年 東邦大学医療センター大森病院 放射線科

診療対象

  • 画像(読影)診断対象

    • 一般レントゲン(単純X線検査)
    • MRI(3.0T)(磁気共鳴画像検査)
    • CT(64列)(コンピュータ断層撮影検査)
    • マンモグラフィー(デジタル乳房X線検査)
    • アンギオグラフィー(血管造影検査)
    その他(X線TV造影検査、骨密度測定など)

 

診療方針

放射線科医は、検査結果を読影(画像診断)しています。直接患者様とお話すすることは少ないですが、各診療科の医師と連携をとり、専門的な立場から早期発見、早期治療につながるよう努めています。

CT検査(64列)
マルチスライス型CT-64列は、全身は元より臓器細部も撮影することができるので、心臓にある冠動脈狭窄等の評価も可能です。最新の被爆低減技術(逐次近似再構成法)が搭載されており、従来の装置よりも安心してご利用いただけます。

最新MRI(3.0T)
3.0-T MRIは最高静磁場強度のため、今まで描出できなかった細部まで高解像度な画像が表示できます。血管系の抽出も造影剤を使用しないで繊細な箇所まで表示が可能です。トンネル部の開口幅も広く検査時間も短縮されているので従来よりも負担が少なく安心してご利用いただけます。(一般病院で、3.0T-MRIを導入しているのは当病院のみです(2013年12月現在)

マンモグラフィー(デジタル乳房X線検査)
フラットパネル型デジタルディテクタは少量のX線量で高解像度な画像が表示できるため、自己検診では発見が難しい微細な病変も抽出することができます。
乳がんは、早期発見が治療につながります。市民検診にも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。検査は女性認定放射線技師が撮影を行います。

画像検査の依頼について
他の医療機関よりCTやMRIなどの依頼検査を受け付けております。依頼検査の結果には診断専門医の報告書を添付してご返送いたします。

依頼は電話042 – 663 – 0111 内線170まで(平日 月~金 ・9時〜17時受付)