南多摩病院トップ > 医療技術部 > リハビリテーション科

医療技術部

リハビリテーション科

リハビリテーション科のご紹介

 私ども南多摩病院リハビリテーション科は地域の救急病院における必要十分なリハビリテーションを提供する役割と永生会グループ内における急性期リハビリテーションを提供する役割を担っております。そのため救急病院における平均的なリハビリテーション専門職の配置数の倍以上の人数が配置され、充実したスタッフにより廃用症候群と呼ばれる安静状態が長期に渡って続く事によって起こる様々な心身の機能低下等を改善・予防するために早期離床・早期介入による早期退院を目指しております。また必要に応じて外来でのリハビリテーションを提供しております。

理念と基本方針

~  理念  ~

わたしたちは、地域の皆様が希望を持って、その人らしく、生き活きと暮らせるよう、心を込めて支援します。

 

~ 基本方針 ~

1.健康や幸せの実現に貢献する心温かいスタッフを目指し、組織と共に成長します。

 

2.EBM(根拠に基づく医療)に基づいた最新の地検を幅広く学び、
  治療に役立つ技術の習得と研鑽に努め臨床研究を推進します。

 

3.地域リハビリテーションを通じて、安心・安全な街づくりに貢献します。

診療対象

当院におけるリハビリテーションの対象となる主な疾患は、下記の通りです。

 

・整形外科疾患
・脳血管障害
・廃用症候群 ※
・呼吸器疾患
・がん
・心疾患
※安静状態が長期に渡って続く事によって起こる様々な心身の機能低下

リハビリテーション科の概要

管理者・管理職

科 長井出 大(理学療法士)
   (法人本部リハ統括管理部理学療法統括士長・
      地域リハ支援事業推進室・研究開発センター兼任)

主 任(統括・心臓リハ部門)倉田考徳(理学療法士)

 

副主任(外科病棟・がんリハ部門)今村 渉(理学療法士)

 

副主任(内科病棟・作業療法部門)佐藤雅晃(作業療法士)

 

副主任(外来運動器・新人教育)瀬戸景子(理学療法士)

 

副主任(言語聴覚部門)近藤茂瑠(言語聴覚士)

 

人員数

医師      非常勤 1名
理学療法士   常勤 23名
作業療法士   常勤  7名
言語聴覚士   常勤  5名
受付・助手   常勤  1名 嘱託1名 (H29 3月末時点)

 

施設基準

脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
心大血管リハビリテーション料(Ⅰ)
がん患者リハビリテーション料

機能訓練室面積

リハビリテーション室  195.27㎡
言語聴覚室        21.73㎡
心臓リハビリテーション  30.00㎡

 

認定資格者

心臓リハビリテーション指導士
 4名
3学会合同呼吸療法認定士
 9名
専門理学療法士(内部障害)
 1名
認定理学療法士(呼吸)
 1名
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士
 2名
介護支援専門員
 1名
認知症ケア専門士
 1名
地域包括ケア推進リーダー
 1名
介護予防推進リーダー
 1名
福祉用具プランナー
 2名
DMAT業務調整員
 1名
Body Control Pilates
 産前・産後ピラティスインストラクター
 1名
Polestar Pilates Mat course修了
 1名
Facial Manipulation®国際コースlevel1修了
 1名

 

外部活動

日本理学療法士協会代議員
東京都理学療法士協会代議員
東京都理学療法士協会西多摩南多摩ブロック世話人
NPO法人東京多摩リハビリ・ネットFIM講習会講師
南多摩保健医療圏脳卒中医療連携協議会事務局員
東京都理学療法士協会新人教育プログラム講師
八王子市介護予防事業講師
八王子市福祉部介護保健課医療サポート研修(ケアマネ研修)講師
南多摩医療と介護と地域をつなぐ会委員
西多摩リハビリテーション研修会役員

療法士の経験年数

平均6.53年(永生会全体7.8年)
21年以上      2名
16年〜20年    1名
11年〜15年    7名
 5年〜 9年    4名
 1年〜 5年   21名   

臨床実習受け入れ状況

理学療法 11校18名
作業療法  3校3名
言語聴覚  3校3名
合計   17校24名
 

杏林大学
 (PT5名・OT1名)
帝京科学大学
 (PT1名・OT1名)
北里大学
 (PT3名)
埼玉医科大学
 (PT1名)
茨城県立医療大学
 (PT1名)
社会医学技術学院
 (PT2名)
文京学院大学
 (PT1名)
群馬パース大学
 (PT1名)
日本医療科学大学
 (PT1名)
目白大学
 (PT1名)
郡山健康科学専門学校
 (PT1名)
東京福祉専門学校
 (OT1名)
国立身体障害者リハビリテーションセンター学院
 (ST1名)
武蔵野大学
 (ST1名)
臨床福祉専門学校
 (ST1名)

 

入院後早期の
リハビリテーション介入

 急性期リハビリテーションにおいては原則として早期介入、早期離床は非常に重要である。当院においても入院後早期の介入を目指してきた。指標は入院日からリハビリテーションが処方されるまでの期間を未処方期間とすると平成27年度は理学療法部門では2.79日(前年度比4.18日減)であり、作業療法部門では2.69日(前年度比4.11日減)、言語聴覚療法部門では3.0日(前年度比2.32日減)であった。

学会発表

平成27年度 計18演題
第49回日本作業療法学会 1演題
第16回アジア静脈経腸栄養学会学術集会 1演題
第21回日本心臓リハビリテーション学術集会 2演題
第57回全日本病院学会 1演題
第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術集会 1演題
リハビリテーションケア合同研究大会神戸2015 5演題
第6回西多摩南多摩ブロック学術集会 1演題
第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会 1演題
第11回東京都病院学会 5演題