南多摩病院トップ > 南多摩病院の取り込み > 地域医療連携システム

南多摩病院の取り込み

地域医療連携システム

MIO Karteとは?

 医療法人社団永生会の「地域医療連携システム」の愛称です。

地域医療連携システムは、複数の医療機関施設をセキュリティ性の持ったインターネット回線を通じて接続し、診療情報を共有するシステムです。名称は、「Medical Information Open Karte」の略です。

 

私の・・・Mio(イタリア語で私の)

カルテ・・・Karte  有効的に利用するといった意味も込められています。

地域医療連携システム 導入前後イメージ図

≪閲覧施設の場合≫

導入前イメージ

≪公開施設の場合≫

導入後イメージ

システムの目的

 地域医療連携システムは、参加施設間を結ぶセキュリティ性の持ったインターネット回線で診療情報を共有します。 地域医療連携システムを利用することにより複数医療施設間の医療連携を緊密に行うことを目的にしています。

システムに参加することのメリット

 これまで当院から紹介して他の医療機関を受診していただいた際、その後、当院から紹介先医療機関で「どんな薬を飲んでいましたか」、「最近の検査結果はどうでしたか」のように患者様ご自身に病状等を尋ねさせていただくことが多かったと思います。しかし、飲んでいる薬や検査の内容を正確に伝えるのはなかなか難しいものです。

 この地域医療連携システムに参加することにより、紹介先医療機関で患者様の投薬、注射、検査、画像検査(レントゲン・CT・MRIなど)の情報が共有でき、重複した検査、薬剤投与や併用禁止薬剤の投与などを防ぐことが出来ます。従って、複数医療機関を受診しても一貫した安全で効率の良い医療が受けることが出来ます。

参加医療機関・施設一覧

システムに参加するには?

電話番号

042-663-0111 (代表)

担当

医療法人社団 永生会 南多摩病院 システム室 

  

infosys@minamitama.jp

※ 「mykarte.com」「ID-Link」は株式会社エスイーシーの登録商標です。

※ 「MIO Karte」は医療法人社団永生会 地域医療連携システムのシステム名称です。