南多摩病院トップ > 看護部 ナースガイド > 新人看護師の看護奮闘記

看護部 ナースガイド

新人看護師の看護奮闘記

看護師 松本 早輝 (2016.4月入職)


2016.4月撮影
Q1入職して半年が経過しましたが、現状は?


.配属から半年が経つと、一人で出来ることも多くなり、受け持ちの人数も増えてきました。心臓カテーテルや手術患者様も看れるようになってきて、少しずつですが自分の成長を感じています。
何も分からずに言われたことだけをやっていた最初の頃と比べ、自分で考えて看護することもできるようになってきました。
まだまだ知識不足で失敗もありますが、患者様との関わりを大切にして日々の業務に取りくんでいきたいです。

Q2先輩看護師の指導については、どう感じていますか?


.南多摩病院では、病棟内で所属したチーム全体で指導をして頂けます。特定の人からではなく、チーム内の全ての先輩方から教えて頂けることで、より多くの知識を学ぶことができます。
エルダーとサポートを中心に新人の進行度を確認し、病棟全体で共有することで手厚い教育を受けることができています。
実習とは違う臨床での看護を、時に厳しく、時に優しく指導して下さり様々なことを吸収する毎日です。


2016.11月撮影
Q3最後に、今後の抱負をお願いします!


.常に向上心を持って取り組み、いち早く戦力になれるように頑張ります!!