南多摩病院トップ > 南多摩病院について > 病院指標について

病院指標について

平成27年度 南多摩病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 329人 92人 89人 123人 228人 298人 620人 1150人 1058人 329人
定義
この指標は平成27年度(平成27年4月1日~平成28年3月31日)の間に退院した患者数を年代別(年齢は入院日の満年齢)に集計したものです。
解説
当院は東京指定2次救急病院として救急患者様の受入れに力をいれております。小児科の入院施設を持っていますので、0~9歳までの数も多くなっていますが、60歳以上の入院患者数が全体の7割を超え重症な方も多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 178人 15.60日 14.34日 12.92% 73.13歳
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 156人 29.26日 21.69日 27.56% 83.87歳
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 28人 22.60日 12.60日 10.71% 80.96歳
定義
DPCコードは、DPCのルールにおける傷病名の決定に当たっては、「1入院当たり医療資源を最も投入した傷病名」を1つだけ主治医が選択することになっています。
従って、「主傷病名」と「入院の契機となった傷病名」「入院後に発症した合併症」が全て異なった場合であっても、1回の入院において1つの傷病名しか選ぶことができません。平均在院日数(全国)は平成26年度DPC病院の平均になります。
また、転院率は南多摩病院(急性期病院)から転院した数/退院数となります。
解説
内科で入院している方がご高齢で肺炎で入院している方が多い事がわかります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27人 7.44日 9.17日 11.11% 67.59歳
060150xx02xx0x 虫垂炎 副傷病なし 膿瘍伴うもの 22人 11.64日 9.48日 0.00% 47.09歳
060150xx03xx0x 虫垂炎 副傷病なし 21人 4.71日 5.56日 0.00% 31.67歳
定義は内科を参照下さい。
解説
外科では、南多摩病院は、救急に力を入れていますので、腸閉塞、虫垂炎が多くなっています。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 25人 4.84日 5.50日 0.00% 46.28歳
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16人 7.50日 9.17日 0.00% 70.94歳
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術・処置等2なし 15人 7.40日 9.26日 0.00% 65.73歳
定義は内科を参照下さい。
解説
消化器科は、内科系外科系を両方にまたがった疾患を診ています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 89人 36.94日 28.70日 42.70% 84.47歳
160760xx97xx0x 前腕の骨折 副傷病なし 19人 5.58日 5.70日 0.00% 60.37歳
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 副傷病なし 16人 22.31日 21.52日 31.25% 81.69歳
定義は内科を参照下さい。
解説
救急からの骨折の方を受入れています。
また、手の外科、脊椎領域の専門治療を行っています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 125人 3.36日 3.07日 0.80% 70.98歳
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 96人 5.27日 4.87日 0.00% 70.63歳
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 33人 13.39日 21.69日 39.39% 85.76歳
定義は内科を参照下さい。
解説
循環器科では狭心症、慢性虚血性心疾患の患者様を受入れております。
また、救急からの内科疾患の患者様をチーム医療の中で受入れています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 48人 6.31日 7.59日 0.00% 69.94歳
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 手術・処置等1なし 副傷病なし 45人 4.80日 5.91日 2.22% 60.93歳
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 37人 10.08日 18.99日 5.41% 75.30歳
定義は内科を参照下さい。
解説
近隣の開業医様からの紹介の他、救急からの患者様を受入れています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 21人 9.76日 10.18日 0.00% 46.48歳
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 17人 9.41日 9.53日 0.00% 73.76歳
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 16人 9.25日 10.43日 0.00% 50.88歳
定義は内科を参照下さい。
解説
近隣の開業院様、人間ドックや健診からの患者様で良性腫瘍(子宮筋腫、卵巣腫瘍)の治療を中心に行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術・処置等2なし - - 3.54日 - -
定義は内科を参照下さい。

解説
当院の眼科は、水晶体再建術は短期滞在手術基本料のため、DPC分類によるコードは反映しておりません。

水晶体再建術患者数は診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)をご覧ください。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 98人 7.01日 6.31日 0.00% 3.35歳
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 60人 6.05日 5.75日 0.00% 2.52歳
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 25人 3.92日 5.50日 0.00% 4.12歳
定義は内科を参照下さい。
解説
市内で、小児救急と入院施設を行っている病院は3病院となっています。
救急からの患者様を受入れています。
血液透析科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 55人 21.38日 13.64日 3.64% 71.71歳
110280xx99001x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病あり - - 21.7日 - -
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術・処置等1なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし - - 15.39日 - -
定義は内科を参照下さい。
解説
当院の血液透析科は、透析中の患者様で他の診療科で手術や治療が必要になった方の受入れも行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - 12人 - 1 7
大腸癌 - - 10人 - 22人 14人 2 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
定義
5 大癌について初発患者は UICC の TNM から示される病期分類による患者数を、再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数としています。
※9人以下の患者数は反映しておりません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 70人 12.70日 71.87歳
重症度 1 59人 11.51日 74.15歳
重症度 2 29人 10.30日 76.27歳
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 12人 11.75日 77.83歳
定義
※市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を言います。 成人 (15歳以上) を対象として集計しています。
重症度0:男性:70歳未満 女性:75歳未満で重症度分類スコアが無いもの
重症度1:男性:70歳未満 女性:75歳未満で重症度分類スコアを1つ有するもの及び、男性:70歳以上 女性:75歳以上で重症度分類スコアが無いもの
重症度2:男性:70歳未満 女性:75歳未満で重症度分類スコアを2つ有するもの及び、男性:70歳以上 女性:75歳以上で重症度分類スコアを1つ有するもの
重症度3:男性:70歳未満 女性:75歳未満で重症度分類スコアを3つ有するもの及び、男性:70歳以上 女性:75歳以上で重症度分類スコアを2つ有するもの
重症度4:男性:70歳未満 女性:75歳未満で重症度分類スコアを4つ有するもの及び、男性:70歳以上 女性:75歳以上で重症度分類スコアを3つ有するもの
重症度5:男性:70歳未満 女性:75歳未満で重症度分類スコアを5つ有するもの及び、男性:70歳以上 女性:75歳以上で重症度分類スコアを4つ有するもの
※重症度分類項目に1つでも不明なものがあった場合は「不明」な症例として集計しています。

解説
平均年齢は、男女を合わせたものになっています。
また、年齢が高くなるほど重症度が高くなる傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 10人 17.30日 73.80歳 10.00%
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
脳梗塞の ICD10(注 1*)別患者数の集計方法と定義
医療資源を最も投入した傷病名が脳の虚血性疾患の患者さんを対象として、その発症から入院までの日数別に患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しております。
(注 1*) ICD10 とは 「疾病及び関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems(以下「ICD」と略)」とは、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類である。【引用元:厚生労働省 HP 疾病、傷害及び死因の統計分類】

解説
当院は2次救急病院として脳卒中急性期医療機関Bとして患者様を受入れています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 79人 0.32日 1.32日 1.27% 69.46歳
K654 内視鏡的消化管止血術 12人 1.25日 23.08日 16.67% 76.17歳
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 10人 22.20日 27.60日 30.00% 78.80歳
解説
当院では、大腸内視鏡検査時にポリープが発見された場合は、その場で生検やポリープ切除をおこなっております。また、救急からの内視鏡的消化管止血術やご高齢の患者様でどうしても胃瘻が必要な方には、胃瘻増設をおこないご自宅や施設、他の慢性期病院に移って頂いています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 87人 1.01日 1.53日 0.00% 68.70歳
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 27人 5.89日 7.70日 0.00% 69.15歳
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 23人 0.61日 10.52日 4.35% 49.04歳
解説
予定手術である鼡径ヘルニアのほか、救急からの胆嚢摘出術、虫垂切除術多くなっております。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 92人 0.05日 1.01日 0.00% 66.95歳
K6335 鼠径ヘルニア手術 - - - - -
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) - - - - -
解説
内科との連携、外科と連携でチーム医療の中で診療しております。
※9人以下の患者数は反映しておりません。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿,上腕) 61人 6.90日 28.10日 37.70% 82.97歳
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 37人 8.27日 24.81日 40.54% 82.65歳
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,足) 15人 1.87日 13.27日 0.00% 55.60歳
解説
ご自宅からの救急入院の他、提携先施設、連携施設からのご紹介患者様の骨折手術が多くなっております。
大腿骨を含む下肢の骨折では急性期治療を終了したあとは在宅復帰を目指すため回復期リハ等のリハビリ施設を持った病院への転院も多くなっております。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 109人 3.60日 5.37日 1.83% 71.41歳
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 10人 0.00日 16.00日 0.00% 71.30歳
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 10人 0.00日 1.00日 0.00% 68.00歳
解説
紹介患者様の冠動脈治療の他、救急からの冠動脈治療を行える体制を強化した結果、徐々にですが緊急冠動脈治療が増えてきております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 48人 1.44日 4.13日 0.00% 70.25歳
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 47人 1.87日 2.77日 2.13% 61.87歳
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 24人 0.38日 4.67日 0.00% 73.75歳
解説
近隣の開業医様からのご紹介で、悪性腫瘍の手術が多くなっております。
また、救急や開業医様からの結石治療も多く尿路結石治療は(レーザー)を用いたもの、ステント留置術を用いるもの、結石破砕機を用いた方法で対応しております。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 33人 1.12日 7.61日 0.00% 51.12歳
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 14人 1.00日 6.57日 0.00% 74.50歳
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) - - - - -
解説
近隣の開業院様からのご紹介、人間ドックや健診からの地域の患者様で多くが良性疾患(子宮筋腫、卵巣腫瘍)の手術となっております。

※9人以下の患者数は反映しておりません。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 399人 0.00日 1.00日 0.00% 75.54歳
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) - - - - -
解説
当院は入院施設を持っていいますので、水晶体再建術(白内障)も手術翌日に診察をしてからご帰宅頂いております。ご高齢な患者様も安心して手術を受けることが可能なため、日帰り手術を行っているクリニック様からの紹介も多くなっております。

※9人以下の患者数は反映しておりません。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的) - - - - -
解説
小児科病棟では、小児外科がないため内科系疾患が殆どですが、外科系診療科とのチーム医療の中で病棟管理をしております。

※9人以下の患者数は反映しておりません。
血液透析科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) - - - - -
解説
内シャント増設術だけでなく、透析患者様の内科的疾患、外科的疾患に対して、チーム医療で対応しております。

※9人以下の患者数は反映しておりません。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 11症例 0.26%
180010 敗血症 同一 64症例 1.49%
異なる 52症例 1.26%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
その他(DIC(注 1*)の請求率等)の集計方法と定義
医療の質の改善に質するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、重篤な疾患である敗血症(注 2*)、播種性血管内凝固症候群、手術・術後の合併症、その他の真菌症について、入院契機病名(DPC6 桁レベル)の同一性の有無を区別して患者数と発症率を示しています。
(注 1*)播種性血管内凝固症候群(disseminated intravascular coagulation; DIC)あるいは播種性血管内凝固は、著明な止血異常を呈し、重篤化すると致命的な出血や臓器障害を伴う予後不良な病態である【引用元:一般社団法人日本血栓止血学会用語集】
(注 2*)感染によって惹起された全身性炎症反応症候群(systemic inflammatory response syndrome: SIRS)。すなわち感染の存在に加え,SIRS項目(①体温>38℃または<36℃,②心拍数>90/分,③呼吸数>20/分またはPaCO2<32 torr,白血球数>1,2000,<4000/m3または未熟型白血球>10%)の2項目以上をみたす病態と定義される。【引用元:日本救急医学会用語集】

※9症例以下の症例数は反映しておりません。
更新履歴
2016/09/26
病院指標を公開しました。