看護部 部署の紹介

救急棟3階病棟 46床(整形外科・泌尿器科・婦人科・眼科)

救急棟3階病棟は外科系疾患を主とする混合病棟です。緊急入院も積極的に受け入れています。手術件数は月平均約100件で、多い日には10件の手術があることもあります。

不安いっぱいで入院されてくる周手術期の患者様・ご家族に安心して入院生活を送っていただけるよう、明るく暖かい病棟を目指しスタッフ一同頑張っています。

救急棟4・5・6階病棟

救急棟4階病棟 38床(循環器内科・内科)

心筋梗塞、狭心症、不整脈など急性期における迅速なアセスメントや看護判断はもとより、慢性疾患をもたれる患者様が退院後もその人らしい生活をお過ごしになれるよう、患者様、ご家族様の思いを理解し、尊重した看護実践をめざしています。

救急棟5階 12床(有料個室)

診療科を問わず個室の療養環境を希望される患者様の受け入れをおこなっております。ご入院いただく患者様が安心して治療を受けていただけるようスタッフ一同努めております。

救急棟6階 10床(小児)

肺炎や喘息などの呼吸器疾患を中心に、外科・整形外科など様々な病気のお子様が入院しています。ホスピタル・プレイ・スペシャリストやアレルギーエデュケーターの資格をもった看護師も在籍しており、より良い看護を笑顔で提供し、入院中のお子様はもちろん、ご家族にも安心していただける小児病棟を目指しています。

本館4階病棟 58床(内科・外科36床 地域包括ケア病床22床)

本館4階病棟は58床のうち36床の一般病床と22床の地域包括ケア病床を設けています。

一般病床では消化器外科・内科などの急性期治療を必要とする患者様を多く受け入れています。
地域包括ケア病床では、一般病棟で急性期の治療を終えた後に在宅復帰するための調整が必要な患者様や、リハビリを必要とする患者様を受け入れています。

高齢の患者様が多いため「治療を終えたので自宅に帰りたい…でも、入院前のように生活できるか不安…」という方が多くいらっしゃいます。患者様やご家族の意向を確認しながら、医師・病棟看護師・退院支援看護師・リハビリスタッフ・MSW・ケアマネージャー等と連携し、退院前訪問の実施や在宅復帰のために必要な福祉用具やサービスを一緒に考え、退院後に安心して生活できるよう支援しています。

手術室・中央材料室

手術室は3室で、そのうち1室は清潔度の高いハイクリーン手術室です。子育て世代の看護師が多く、働きやすいように皆で協力し合い明るく手術室看護をしています。また、看護師それぞれの経験を活かした意見を出し合い、手術室でしか出来ない、暖かく心のこもった看護を提供しています。安全面では様々な事故防止対策により、安心して手術を受けて頂ける環境を整えています。

中央材料室では、手術に使用する器械はもちろん、院内で使用される鋼製小物類の洗浄・消毒・滅菌を行い、清潔な機械類を院内に提供しています。安全な医療に欠かせない重要な部門です。

人工透析センター

当院では、日曜日を除く全ての曜日で、血液透析治療を行っています。

患者様の様々な状況の変化に対応するために、毎日カンファレンスを行い情報共有しています。受け持ち看護師を中心に生活指導や隔週で管理栄養士による栄養指導・相談を行っており、医師・看護師・臨床工学技士・管理栄養士・理学療法士といった他職種がチームで1人1人の患者様を支援していきます。私たちは、患者様やご家族の気持ちに寄り添う看護を心がけています。

外来・入退院支援センター

外来は各診療科と内視鏡室、化学療法室で構成されています。そこへ平成30年4月より、入退院支援も加わりました。入院から退院、退院後の生活まで継続的に患者様と関わりが出来るようになりました。病気の方だけでなく、健診などの地域の方々の健康維持への支援も行っております。

また、スタッフは子育て中のママナース、パパナースも多く、ライフワークバランスが充実できる様々な勤務形態となっています。教育体制も外来独自の支援体制をとっています。

外来・入退院支援は病院と地域をつなぎ、「南多摩病院で良かった」と安心し、地域の中でその人らしい生活が送れるよう日々、看護を行っています。

ER・HCU・訪問診療

ER

診療科を問わず個室の療養環境を希望される患者様の受け入れをおこなっております。ご入院いただく患者様が安心して治療を受けていただけるようスタッフ一同努めております。

HCU

HCUは、病床数6床(うち1床は陰圧室)となっています。重症者や術直後の患者様、一般病棟で急変した患者様など、全ての診療科が対象となるため、勉強会で知識の共有を図り、全員がスキルアップできるような環境を目指しています。

訪問診療

在宅での継続診療が必要となる方々に対して、医師と協力して訪問診療を行っています。また、入院が必要となれば、当院の病院救急車で搬送し継続して治療が受けられる体制を整えています。