南多摩病院トップ > 看護部 ナースガイド > 看護部長ごあいさつ

看護部 ナースガイド

看護部長ごあいさつ


看護部長
切手 純代

 永生会の理念「街づくり 人づくり 想い出づくり」の基、断らない二次救急医療機関である南多摩病院の看護部として、『思いやりの心』をテーマに、患者の皆様お一人おひとりの思いを受けとめ、持っておられる力を最大限に発揮できるように、安全で安心・安楽な看護の提供に努めています。

 ナイチンゲールの「看護は芸術である」という言葉のとおり、看護は看護師の手によって創られる『癒しの芸術』だと思います。日々の看護の場面は同じように見えても、その時、その患者様にとっては一回限りであり、その1つ1つの看護を知識や技術だけでなく、いかに心をこめて実施できるかが大切です。看護職員は患者様にとって一番身近な存在であり、24時間継続して看護をします。外来や入院中の患者様に、温もりを感じていただき、心の癒しを覚えていただけるように、患者様の尊厳を守り、誇りを保てるように、常に意識して看護を提供してまいります。また、看護の場は病院の中だけでなく、地域全体へと広がってきています。在宅や施設で療養される患者様の「その人らしさ」を大切にして、住み慣れた地域で安心して療養生活が継続できるよう、地域に必要とされる看護を目指しております。

 患者様に安全で安心・安楽な看護を提供するためには、看護職員が生き生きとやりがいを感じながら看護できる組織を作ることが重要です。これからも、自分の看護観をしっかりと持ち、自ら考え判断し、行動できる自立し自律した看護師の育成に努めてまいります。