南多摩病院トップ > 看護部 ナースガイド > 新人看護師の看護奮闘記

看護部 ナースガイド

新人看護師の看護奮闘記

看護師 高橋 美月(2018年5月入職)


2018年5月撮影
Q1入職して半年が経過しましたが、現状は?


.入職当初は、わからないことばかりで、教科書を見ながら患者様の病態を理解するのに精一杯でした。ですが、半年が経ち、先輩方からご指導を頂きながら、少しずつ患者様に必要な看護を考えることができるようになってきました。
 たくさん失敗もありますが、日々勉強を重ね、先輩方にご指導頂いたことと経験を活かし、精進したいと思います。



Q2先輩看護師の指導については、どう感じていますか?


.南多摩病院では、チーム支援型という教育体制が取られています。ですので、チーム内の先輩方からより多くのご指導を頂くことができます。教科書から得た知識だけでなく、1つ1つ実践しながらその場で学ぶことができ、必ず次につながる力が付いていると思います。
 人の命に関わる仕事であり、厳しいご指導もありますが、その熱量と優しさに助けられ、日々充実した仕事ができています。


2018年11月撮影
Q3最後に、今後の抱負をお願いします!


. 常に学ぶ姿勢を忘れず、早く戦力となれるよう頑張りたいと思います。