南多摩病院トップ > 南多摩病院について > 病院指標について

病院指標について

令和元年度 南多摩病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 304 83 82 107 214 293 499 1114 1168 399
定義
この指標は令和元年度(平成31年4月1日~令和2年3月31日)の間に退院した患者数を年代別(年齢は入院日の満年齢)に集計したものです。

解説
当院の特徴としては60歳以上の占める割合が全体の74%、80歳以上が35%と高齢の患者様が多くを占めています。また、小児科の入院施設を有しているため10歳未満の患者数も多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術-処置1:0-処置2:0-副病:なし 155 2.15 2.63 0.00% 68.10
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 91 24.04 20.84 40.66% 85.89
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし 68 17.47 12.58 20.59% 82.26
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし-A-DROP スコア2 35 18.66 15.17 14.29% 84.37
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎-処置1:0-処置2:なし-副病:0 34 8.12 5.39 0.00% 63.56
定義
DPCコードは、DPCのルールにおける傷病名の決定に当たっては、「1入院当たり医療資源を最も投入した傷病名」を1つだけ主治医が選択することになっています。
従って、「主傷病名」と「入院の契機となった傷病名」「入院後に発症した合併症」が全て異なった場合であっても、1回の入院において1つの傷病名しか選ぶことができません。
平均在院日数(全国)は令和元年度DPC病院の平均になります。
また、転院率は南多摩病院(急性期病院)から転院した数/退院数となります。

解説
内科で入院している患者様は、大腸ポリープ手術やご高齢で肺炎の方が多い事がわかります。消化器内科医師の入職により大腸ポリープ手術件数は年々増加傾向にあります。誤嚥性肺炎・肺炎症例、尿路感染症例については、高齢の患者様が多く重症化し易い為、長期入院となり、平均年齢も高く在院日数も長くなっている傾向です。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし-副病:なし 166 3.06 3.01 0.00% 71.66
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患-経皮的冠動脈形成術等-処置1:なし、1,2あり-処置2:なし-副病:なし 96 5.63 4.40 1.04% 72.33
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 58 22.88 17.71 18.97% 84.84
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞-その他の手術あり-処置1:なし、1あり-処置2:なし-副病:なし 18 11.72 12.37 11.11% 68.39
050130xx9910xx 心不全-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし-副病:0 16 23.81 15.15 6.25% 68.06
定義は内科を参照下さい。

解説
循環器内科では、狭心症、慢性虚血性心疾患、急性心筋梗塞の患者様を24時間365日受入れ、緊急で心臓カテーテル検査、冠動脈ステント治療を行う体制を整えています。また、高齢者の救急も積極的に受けていますので平均在院日数が全国平均より長くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150120xx99x1xx 脳性麻痺-手術なし-処置1:0-処置2:あり-副病:0 77 5.66 8.95 0.00% 6.94
040100xxxxx00x 喘息-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 39 5.92 6.64 0.00% 4.49
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 21 5.33 5.69 0.00% 3.10
140620xx99xxxx その他の先天異常-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0 21 5.86 7.77 0.00% 4.43
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)-処置1:0-処置2:0-副病:なし 20 5.75 6.19 0.00% 0.80
定義は内科を参照下さい。

解説
八王子市内で、小児救急と入院施設を行っている病院は3病院となっています。
小児科は24時間365日受入れています。小児救急からの入院は季節性の疾患が多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等-処置1:0-処置2:0-副病:0 54 4.63 4.85 0.00% 69.19
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術-処置1:0-処置2:0-副病:なし 38 2.16 2.63 0.00% 72.84
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 38 10.84 8.89 13.16% 69.66
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患-下肢静脈瘤手術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 23 2.00 2.78 0.00% 78.13
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 23 13.65 13.70 8.70% 73.52
定義は内科を参照下さい。

解説
当院は、救急に力を入れていますので、腸閉塞が多くなっています。
鼠径ヘルニア、大腸ポリープ、下肢静脈瘤の手術が多くなっています。また、消化器内科とチーム医療の中で胆のう炎等の治療も行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等-処置1:0-処置2:0-副病:0 151 36.86 25.94 54.30% 83.03
160760xx97xxxx 前腕の骨折-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 45 9.89 5.54 0.00% 60.62
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし 33 9.52 19.40 87.88% 80.97
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし 18 10.83 14.43 88.89% 80.00
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:なし 17 4.53 5.94 0.00% 43.71
定義は内科を参照下さい。

解説
救急からの骨折の方を受入れています。また、手外科の専門治療を行っています。
高齢の方の股関節・大腿骨の在院日数が全国に比べて長くなっているのは、在宅復帰に向けたリハビリ等の治療を地域包括ケア病棟へ転棟によるものです。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 315 2.00 2.78 0.00% 77.98
定義は内科を参照下さい。

解説
当院の眼科は、他院からのご紹介を含め水晶体再建術(眼内レンズを挿入)を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:0-副病:なし 78 2.00 2.49 0.00% 72.10
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし 75 9.60 12.58 6.67% 72.53
11012xxx020x0x 上部尿路疾患-経尿道的尿路結石除去術-処置1:なし-処置2:0-副病:なし 54 7.26 5.61 3.70% 65.65
110070xx0200xx 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 45 7.42 7.07 0.00% 75.20
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患-膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 11 5.27 5.58 18.18% 74.00
定義は内科を参照下さい。

解説
当院は、救急に力を入れていますので救急からの尿路感染症治療、結石治療を行っています。
また、自院の外来の他、近隣の開業医からの紹介患者様を受入れ、前立腺・膀胱疾患の治療を行っています。

婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 39 9.05 8.65 0.00% 75.41
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍-子宮全摘術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 29 10.79 9.71 0.00% 47.52
120100xx01xx0x 子宮内膜症-子宮全摘術等-処置1:0-処置2:0-副病:なし 8 11.75 7.37 0.00% 44.88
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍-子宮頸部(腟部)切除術等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 6 4.00 3.13 0.00% 43.50
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍-卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等-処置1:0-処置2:0-副病:0 6 13.83 10.11 0.00% 58.83
定義は内科を参照下さい。

解説
近隣の開業医、人間ドックや健診からの患者様が多く、子宮良性腫瘍(子宮筋腫、卵巣腫瘍)の治療を中心に行っています。
また、高齢者の子宮脱も積極的に治療をしています。
血液透析科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-動脈形成術、吻合術 その他の動脈等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 11 15.73 8.48 0.00% 79.64
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 4 33.75 11.67 75.00% 68.75
0400801299x010 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:あり-A-DROP スコア0 1 15.00 11.30 0.00% 64.00
0400801399x011 肺炎等(市中肺炎かつ65歳以上75歳未満)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:あり-A-DROP スコア1 1 5.00 14.81 0.00% 74.00
040090xxxxxx1x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)-処置1:0-処置2:0-副病:あり 1 12.00 11.58 0.00% 71.00
定義は内科を参照下さい。

定義
当院の血液透析科は、透析中の患者様で他の診療科で手術や治療が必要になった方の受入れも行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 11 - - 1 8
大腸癌 - 10 - - - - 2 9
乳癌 0 0 0 - 0 - 1 8
肺癌 0 0 0 - - - 1 8
肝癌 0 - - - - - 2 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌について初発患者はUICCのTNMから示される病期分類による患者数を、再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数としています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 19 9.53 49.11
中等症 138 18.31 79.03
重症 58 19.86 84.52
超重症 - - -
不明 - - -
定義
成人(15歳以上)の市中肺炎(普段社会生活の中で羅患した肺炎)について重症度別に患者数、平均在院日数、年齢を集計したものです。重症度は、軽症から超重症の4段階で分けられます。

解説
当院では、中等症の症例が最も多くなっており、全体の6割以上を占めています。中等症以上の平均年齢は80歳代となっており、高齢者が重症となる傾向があるといえます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 11 26.82 80.64 46.67%
その他 - - - -
脳梗塞のICD10(注1※)別患者数の集計方法と定義
医療資源を最も投入した傷病名が脳の虚血性疾患の患者さんを対象として、その発から入院までの日数別に患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しております。
(注1※)ICD10「疾病及び関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems(以下「ICD」と略)」とは、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類である。【引用元:厚生労働省HP疾病、傷害及び死因の統計分類】

解説
当院は東京都指定2次救急医療機関として脳卒中救急医療機関Bの患者様を受入れています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 159 0.89 1.35 0.00% 69.15
K654 内視鏡的消化管止血術 36 1.69 12.08 19.44% 71.58
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 14 0.93 23.00 28.57% 67.36
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
解説
内科では、大腸ポリープに対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術が最も多く、内科、外科、消化器科がチーム医療の中でおこなっています。また、救急からの内視鏡的消化管止血術や内視鏡的胆道ステント留置術もおこなっています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 82 4.61 6.04 3.66% 72.10
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 27 0.04 16.07 18.52% 74.85
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 18 1.56 2.33 0.00% 71.78
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 10 4.10 12.80 10.00% 79.60
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 10 10.30 5.60 10.00% 72.50
解説
循環器内科では、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対する経皮的冠動脈ステント留置術の心臓カテーテル治療が多く行われています。救急の循環器治療を24時間365日体制でおこなっており、急性心筋梗塞・不安定狭心症に対する緊急カテーテル治療も対応しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 44 1.27 2.48 0.00% 70.09
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 37 0.11 1.05 0.00% 72.78
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 30 5.63 5.97 6.67% 63.37
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 23 0.00 1.00 0.00% 78.13
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 18 0.44 5.39 0.00% 40.28
解説
外科では、予定手術である鼠径ヘルニア、内視鏡的大腸ポリープ切除術、下肢静脈瘤血管内焼灼術の他、救急からの胆嚢摘出術、虫垂切除術が多くなっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 95 5.58 25.52 45.26% 76.24
K0811 人工骨頭挿入術(股) 76 8.04 26.15 50.00% 82.05
K0462 骨折観血的手術(前腕) etc. 53 1.93 13.21 1.89% 60.06
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) etc. 18 1.44 3.50 0.00% 48.00
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) etc. 17 2.65 11.82 0.00% 55.41
解説
整形外科は、自宅からの救急入院の他、連携先施設、連携施設からの紹介患者様の骨折手術が多くなっています。
大腿骨を含む下肢の骨折では急性期治療を終了したあとは在宅復帰を目指すため、地域包括ケア病棟への転棟や回復期リハテーション病棟等のリハビリ施設を持った病院への転院も多くなっています。
また、手外科の専門医が多いのも当院整形外科の特徴です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 315 0.00 1.00 0.00% 77.98
解説
眼科の手術では、白内障に対する水晶体再建術が大半を占めております。ご高齢の患者様も安心して手術を受けることが可能なため、日帰り手術を行っているクリニックからの紹介も多くなっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 54 3.00 3.80 5.56% 66.87
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 45 2.11 4.27 0.00% 75.56
K841-5 経尿道的前立腺核出術 16 1.00 4.31 0.00% 73.25
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 15 1.27 6.80 20.00% 68.93
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) etc. 12 1.75 2.42 16.67% 74.08
解説
泌尿器科では、尿路結石、腎結石に対する経尿道的尿路結石除去術(TUL)が最も多く、次いで膀胱癌に対し経尿道的膀胱腫瘍手術(TURーBt)となっています。また、尿管結石、腎結石に対し、衝撃波で結石を細かく砕く体外衝撃波結石破砕術(ESWL)も行っています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 38 1.37 8.66 0.00% 51.26
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 37 1.00 7.03 0.00% 75.24
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) - - - - -
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -
解説
婦人科では、子宮筋腫、卵巣腫瘍に対する手術が多くなっています。
また、高齢者の子宮脱に対する手術も積極的に治療をしています。
血液透析科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 11 2.64 12.09 0.00% 79.64
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
解説
血液透析科では、慢性腎不全の症例に対し血液透析へ導入するために、ブラッドアクセスとして主に前腕にて動静脈吻合を行い透析シャント造設をおこなっています。透析シャント機能低下(シャント閉塞、シャント狭窄)に対する経皮的シャント拡張術・血栓除去術をおこなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 23 0.54%
異なる 21 0.49%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
定義
最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固症候群(DPC6桁 130100)、敗血症(DPC6桁 180010)、その他の真菌感染症(DPC6桁 180035)、手術・術後の合併症(DPC6桁 180040)に分類した患者の、全退院患者数に対する割合を示します。入院の契機となった病名と入院中の主な治療目的の病名が同一の場合と、異なる場合に分けて集計しています。

解説
播種性血管内凝固症候群は、さまざまな重症の基礎疾患により、全身の血管内に血栓ができる病態です。敗血症は、細菌が血液中の増殖することにより全身に炎症を起こす病気です。肺炎や尿路感染症、腹膜炎、悪性腫瘍などが原因になります。また、「同一」とは、入院の契機である疾患と入院中の主な治療目的の疾患(DPC病名)が同一かどうかということです。播種性血管内凝固症候群に分類された全症例において、DPC病名と契機病名が異なることから、入院契機である基礎疾患を原因として播種性血管内凝固に至ったと考えられます。
更新履歴
2020/09/28
病院指標を公開しました。